直してもやるのは自然の行動?無駄がないという事?

最近、一ヶ月経った愛息子が

というか、産まれてからずっとなのですが

手が寒そうだからと

タオルや布団の中に入れてやっても

気がつくと万歳しているんです。

最初のうちは

せっせっと直していたのですが

後になって

腕はW字が普通と聞いて

なーんだ

なおさなくても自然な形

無理のない姿勢になっているんだなーと

思ったら

育児が楽になりました。

今までは

わからないながらも

こうした方がいいんじゃないか?

ああした方がいいじゃないか?と

妻と二人で相談したり

不安になっていましたし

3時間おきにミルク!と言われたからと

毎回三時間おきの時間を決めて

ほれ!飲みなさい!と言わんばかりに

押し付けてしまっていました…

これ、昔自分がやられて嫌な事であったのに

自分がやる立場になるとわからなくなってしまうんですよねー

お医者さんが言ったことは正しいとか

これはこれが正しいのだ!と決めてかかって

信じきってしまう

うーー

ごめんよ

我が息子よ…

これからは、無理に飲ませるとかじゃなくて

あくまで三時間は目安

飲ませても飲まないなら

息子がお腹空いたよーってサインを出すまでは待つ!

姿勢なども

寝かしつけた体勢を維持!

(もちろん頭の形とかあるので寝返りはさせる)

個人差があるから

必ず時間が当てはまるわけでもないし

の無料だってまばらになるもの。

でも、時間が空き過ぎたりしたら

それは、違うよ?

我が子をよく見て判断するのが

一番望ましいこと。

本ばかり

情報ばかりに目がいって

我が子を見ずに育児は

育児とは言わずに

暴力にも等しいこと。

喋れず泣くだけなのだから

これくらい言っても間違えではない。

わからないからこそ

調べて勉強するのは

いいことだけど

相手にするのは

生きている人間

プログラムでもなんでもないからねー

イレギュラーって必ず発生する

そんな時に机にかじりついて

調べ物をするよりも

自分の子供が

なにをしたがっているのか?

なにを欲しがっているのか?を

真剣に考えてあげる方が

いいですもんねー

自分が小さい頃は

こんなこと考えていたのに

大人になると?

親になると?

変わってしまうんだなー

うーん

子供の頃のように

柔らかい柔軟な脳味噌がほしい♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする