知識は野菜!!

知識とは

インプットすることで脳に蓄えられ

それらを

アウトプットすることで活用することができる。

インプットだけを頑張っても

それをアウトプットして発揮しなければ

知識など持っていないことと変わりはない。

逆にアウトプットしている知識が

果たして本当に正しいのか?に関しては

インプットする際の品質による。

また、インプット/アウトプット

どちらにも言えるのは

脳への蓄え方

人への伝え方が非常に重要である。

友人から

商品やサービスなどに関して

お勧めされたとしよう。

友人の話は面白おかしく脚色されていて

自分もその事に非常に興味を持ったので

お店に実際に行ってみたところ

実際は、自分の興味の惹かれないものであったり

友人の話とかけ離れてしまっていたりと

目も当てられない状況に陥ってしまうこともあります。

同じような事が起こらないようにするためには

その人となりをよく捉え

信じえる人なのか?

表面の情報だけをと捉えているのかなども踏まえて把握していかないといけない。

また、知識を蓄えるだけ蓄えても

普段から使っていないと

頭は、必要のないものと処理をし

記憶の輪の中から爪弾きにされてしまうことさえあるのだ

なので、私は今回

知識とは野菜のようであるとしている。

食べ物全てに言えることでもあるが

野菜とは

毎日せっせっと育て

芽が出て、茎が伸びて

花が咲いて

実をつける

1日でできることではないものです。

毎日知識を集めて

それを使って仕事をスマートに片付けたり

困っている同僚をたすけたりと

多岐にわたります。

野菜も種類もたくさんありますし

それを料理するとなると

更に種類や調理法、温度などなど

育て方も変わってきます。

後、野菜だと

煮込んで煮込んで煮込んで!

美味しい出汁が出ます!

この出汁が

私が考える知識と同様の部分だと思っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする