Google Drive 活用法

誰でも無料で使用することが出来る

Googleアカウント

そして、アカウントを作成すると使える様になるのが
Google Drive
Google ドキュメント
Google スプレッドシート
Google スライドなどなど

ウィンドウズで言うところの
ワード
エクセル
パワーポイント

上記三つが無料でダウンロードの必要なく使えます。

しかも、他のGoogleアカウントを使う人を閲覧だけ可能にしたり
編集も可能にしたりと選択も出来ます。

共有も相手のメールアドレスだけで出来るので
非常に便利です。

違うといえば、操作くらいですかね?

後はエクセルでは出来てスプレッドシートでは出来ない

コピーした列や行を任意の列や行に追加することが
出来ないくらいかな?と

関数も使えますし
他のシートのセルからデータを取ってくることも出来ますし
他のスプレッドシートから参照することも可能です。

何よりも無料でダウンロードしなくても使用出来るのが
一番の強みですね。

マイクロソフトオフィスは
買うとき前に事前にダウンロードするかを選ぶ必要があったり
ダウンロード用のソフトを購入したりと
ほとんどの場合で一万円くらいはかかります。

それが、無料で共有も出来ちゃうとなれば
使わない手はないですよね。

ただ少し問題なのは
紙に印刷する時です。

というのも、余白が大目にとられてしまったり
100パーセント実際のサイズで印刷するつもりが

99パーセントや98パーセントくらいに縮んでいたり
なんてことも昔ありました。
今でもどこまで改善されたのかはわかりませんが

もう、時代は、Googleオフィスです。

昔、CADを使って製図をしていましたが
CADも少し先を行くオフィスです。

たくさんの会社が自分の会社で作成した独自のソフトを出しますが

ある開発者が頑張って無料でCADのソフトを作成しました。
「その名もjww CAD(後jw)」
基本さえ抑えれば使い勝手もよく

市役所などで使われているソフトも実はjwなのです。

無料で沢山の会社が使っているからと
他のソフトが高すぎるというのが理由です。

因みに、私は
jw含めて三種類のソフトを使用しましたが

やはり、一番使用していたこともあり
jww CADが一番使い勝手が良かったです。

因みに、会社によっては
AUTOCADやDRACADなどなど

会社によって違いますが
大体は、元請けの会社によりソフトを変えたりする業界でした。

jw利用者だけで7割はいるなんて事も昔は聞きましたが
今はもっと増えているかもしれませんね。

新しく会社を立ち上げている人もいるでしょうし

素人さんでもマイホームの図面を描いてみたいが為に勉強する人にいます。

そうなってくると
プロだろうとアマだろうと
関係なくjwがオススメですね。
ダウンロードのしやすさ
費用対効果
使い勝手の良さは

群を抜いいると思います。

もし、これから CADを習ってみようかな?
自分の家は自分で図面引くぜ!という方は特にオススメです。

今度簡単な利用方法なども書いてみたいと思いますので
興味ある方はぜひ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする