子育てはストレスの連続!!

子育てはストレスの戦い

誰が言ったかわからないけど

全くその通り!

睡眠が安定しないから

ストレス溜まってしまいますね。

かといって

お昼に寝れるわけではないから

余計、疲れてきてしまう。

では、こんな時どうしたらいいか?

最近、CMで見かける

時短風呂の為の入浴剤!

お風呂を時短したくないけど

しなければいけない

そんな貴方には…バブがお勧め!

お風呂を早く切り上げろというわけではありませんが

体が温める時間を

短くできれば

床につく時間を早められます!

少しでも布団やベッドに入れる時間を増やしましょう。

また、体が十分に温まっていると

体温が急激に下がった際に

眠気を誘います。

このタイミングで眠りにつくことで

深い眠りが実現可能となります!

なぜ深い眠りがいいのか?というと

浅い眠りをどれだけ続けても

疲れは取れない。

心身共に疲弊していってしまうからです。

それと、昼食を食べたら

直ぐにお昼寝しましょう!

そして、10〜15分お昼寝したら

脳を起こすために

軽い散歩をしましょう!

夜も同じですが

いつまでも、ダラダラ携帯いじっていてはいけませんよ!

そして、散歩するのも

何も目標がないとつまらなくなってしまいますので

どこかに立ち寄る場所を決めましょう♪

公園でも

本屋さんでも

お菓子屋さんでもいいです。

買わなくても楽しめるところがいいと思うので

公園、本屋さん、雑貨屋さんや百均のお店とかがいいかもしれませんね。

お昼寝で体を休めて

お散歩でリフレッシュ!

ついでに気になっていた商品や場所をチェックして一石三鳥です!

それにお昼寝を長くすると

脳のパフォーマンスが低下してしまい

午後の仕事に悪影響を及ぼしてしまいます。

そういった意味でも

お散歩は大切ですので

なるべく歩きましょう。

ただ、めちゃくちゃ頑張って

歩くのは

この時期寒くて

風邪ひいてしまったりもしますので

無理せず近場から行く様にしましょう。

そして、お昼に軽いウォーキングをすることで

体温の上昇も期待できます。

これは、ダイエット効果と筋力向上効果もありますので

続ければ続けただけ

自分に利を生み出します。

後は、体力が付くので

少しの夜更かしくらいでは

お昼に眠くなくなったり

お昼寝が習慣化されれば

他の時間に眠くなくなったりもします。

さらに言えば

足腰強くなれば

我が子を抱っこしても

疲れ難かったり

土台がしっかりするから

安定して抱っこできたりもします。

ただ、無理に歩くのはお勧めしませんし

歩き方も変に歩いてしまうと

腰や膝を悪くしてしまうので

ウォーキングシューズを購入されてもいいですし

ウォーキングの動画を見て勉強してもいいでしょう♪

ま、まずは

歩いて近くの気になっていた

お店に行く!っという

楽しみを増やすだけで

大丈夫ですので

とりあえず、お昼寝して

外に出るのを習慣化しましょう〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする