藻塩を付けて食べる大福!?実は大福じゃないんです♪

九州展に出掛けた奥さん。

お土産と言って渡してくれたのは

大福みたいな形の和菓子♪

わー美味しそう♪と

かぶりつこうとすると

待って待って

この藻塩を付けて食べると美味しいからって

勧められたから付けて食べて!

っと強く言われ

つけてもいいけど最初にひとかじりしちゃダメ?

ダメ!っと被せ気味に言われてしまったので

仕方なく

藻?塩?を付けて食べてみることに…

そして、一口食べた時に

違和感?異変に気がつく笑

大福じゃないやんけー笑笑

実は芋餅?というもので

餡が餡子ではなく

さつまいもが入っています。

しかも、これふかし芋なのか?

食感からも、さつまいもっぽさが伺えます。

ただ、藻塩?をつけて食べた方が美味しいというのは

大賛成!

甘さはしっとりとした甘さで

砂糖とかの甘さではなく

素材本来の甘さを活かしている形なので

塩を付けることで

かなり引き立ちます!

むしろ、ないと甘さが弱くて

ふかし芋食べている感覚になってしまうので

必需品!!

ただ、食べ進めていくと

素朴な味なので途中で飽きてしまう…

(私だけでしたらごめんなさい)

なので、奥さんと

半分にしてちょうど良い味と量でした。

一つ失敗だったのが

オーソドックスな物とは別に

栗入りを買ってきてくれたのですが

栗入りも栗なしも

大きな変化はなく

飽きると感じたので

翌日にレンジで温め直して頂きました。

後、面白いなと思ったのが

レンジで温めて食べるのが

通常の食べ方ということと

皮の部分は、餅といいつつも

大福のような食感ではなく

上新粉を使って皮にしているのかな?という食感で

冷めても温めても固くならない仕様でした。

写真には、きな粉餅?もありましたが

これは、良くも悪くも普通の味。

高いお金出して食べなくていいレベルでした。

もし、近くの百貨店で

九州展やっていたら

オーソドックスな芋餅

食べてみてはいかがでしょう?

藻塩は二つ買うと付けてくれるようなので

子供達と旦那さんと4人分くらいのつもりで

二つ買うか

普通のお塩でも美味しいと思うので

一つだけ買って食感や素朴な味を楽しんでみてください♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする