秋田は特殊?

仕事で秋田に来ているツナグです。

東北に来て早一年が経つのですが

最近慣れてきたからと
仕事の担当地域が増えました。

ま、その一つが秋田な訳なのですが

青森を回っていないので完全にというわけではありませんが

秋田は豪雪地域という関係もあり

大通りが広めに設定されています。

もちろん、建物も低めです。

後は、各地域がちょうど1時間くらいの距離が離れていているので
移動の計算がしやすい反面。

隣の地域に行くまで1時間かかるというのは
ちょっと遠いなーって感じます。

といっても
大館、能代、秋田、二ツ井、大曲、男鹿などなど
秋田でも主要な地域に限ったことですが。

冬になれば、雪が降ってとても寒い
車での移動なので特に運転には注意が必要となります。

因みに、大館と由利本荘って同じ秋田なのですが
北と南なので軽く3時間くらいかかったりなんてことも笑

ただ代わりに大館であれば青森の弘前まで1時間
由利本荘からは、山形の酒田まで1時間ちょっとなんてことも

仙台から山形までも1時間ですので
県境はどこも1時間あると街まで出れるのかな?というイメージです。

後は、秋田に来てラーメンを食べてビックリしましたが
味が濃い濃い!

しょっぱ辛くて驚きました!
普通にお水足したくなりましたが

薄めると旨味も薄まってしまいそうなので
なんとかそのまま完食しました。

担々麺にしたのもあって
食べきった後は汗ダラダラでしたけどね笑

後気になったのは
秋田には「いとく」というショッピンセンターがあるのですが
場所によって、スーパーの様な大きさの所から
色んなショップが入っているお店まで様々です。

大通りを通ることが多いこともあり
何軒も目に入ってきたのですが
全部で何店舗あるんだ?と思いました。

それに、雪国だからということもあり
1階建ての建物が多かったです。
もちろん、いとくも。

逆にイオンを見ないけど
秋田には進出してないのかな?という疑問も湧きました。

先輩のお手伝いで秋田に以前来た時聞いたのは
地域毎に一店舗ずつしか同じ種類の商品を扱うお店がないから
特殊な商品を扱っているお店は売れているとかなんとか

まーどんな商品かは別としても

良い意味でも悪い意味でも
閉鎖されている空間ということらしいです。

ただ最近は高速道路も伸びたりしているので
その常識は変わるかもしれませんね。

青森に登る人が増えたりして。
弘前城の桜は綺麗ですからね〜

去年行きましたが
今年もまた行きたい場所ですね。

後は、帰りに寄り道した
由利本荘辺りにある温泉。

生薬のお風呂があるんですが
一回入っただけで
体の芯から熱が上がってくる感じで
病みつきになります!

そんなツナグおすすめの温泉がある秋田
地域によって文化などの違いもありそうな秋田
これから、色々見知っていきたいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする