マンション購入前に注意すること!

昨年マンションを買いました。

そして、色々と判明したこと

まず、固定資産税は高い!

土地建物の値段から算出するので

建物が高ければその分上がります。

そして、首都に近ければ近いほど

土地の値段も上がる。

街中に買うとそれだけ便利だけど

地価も上がって

固定資産税も上がってしまいます。

また、私たちのように

建物の面積が50平方メートル未満の建物を買ってしまうと

取得税の軽減も効かず

また、一番の軽減になる

不動産ローンの控除も受けられません。

そして、取得税の軽減が効かないのは説明されましたが

不動産ローン控除に関しては

不動産会社からの説明はありませんでした。

重要事項説明にも含まれていない部分なのかもしれませんが

毎年の税金の控除に当たるので

かなり悔やまれます。

また、建物が建つ前や不動産会社が掲載している床面積は概算の場合が多いので

多くの場合、面積が減ります。

なので、大目に計算して

55平方メートル〜60平方メートルくらいの物件がオススメです。

正直、5平方メートルの違いであれば

金額もさほど変わらないと思うので

60平方メートルが安心。

我が家は、掲載面積よりも

5平方メートルくらい減りました。

因みに、共有スペースがあるから大丈夫です。

的な発言も聞き流していいです。

なぜなら、いざ足らなかったとしても

不動産会社は責任を取らないから

もしくは、そんなこと自体説明してこないかもしれません。

無知が悪いのですが

基本的にきかれないことは言わない。

そんな世界です。

なので、マンションを買う時は

かなり慎重になってから決めましょう。

間違っても見に行って

そのまま決めるなんてことのないように!

もう一度言いますが

そのまま決めるなんて愚の骨頂です!

何度も何度も

夫婦で話し合って決めましょう。

最後にローンの計算式も

いざ決めた後に出されたローン利率は

変わることがあります。

なぜなら、一番安い利率の銀行などは

人気がある分審査が厳しいからです!

相手からしたら一発で通って

早く売ってしまいたい。

自分が営業マンなら

直ぐに数字が欲しいし

ドンドン新しいマンションを建てているので

他に目移りされてしまうと

売れ残ってしまう。

なので、目の前の物件を

スピーディーに売ることが求められるのです。

魚と一緒です。

鮮度が落ちると途端に売れなくなるものです。

買う決心を決めた方

今一度計算し直してみましょう。

一生で一度の買い物ならば

悔いの残らないように!

私たちは、多分引っ越します。

えごまと醤油のジェラート
んーめー!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする