バタースコッチコーヒージェリーフラペチーノを飲んでみた

スタバのコーヒージェリーフラペチーノ

外出たついでにチケット残っていたので
バタースコッチコーヒージェリーフラペチーノを試飲

今年はバタースコッチが足されて

甘さがかなり増してます。

去年は、苦味が強すぎた印象でしたが

コーヒージェリーの苦味も少し抑えられている分

逆に甘くなりすぎてしまったのかな?と少し残念

もう少し甘さ控えめの方が私としては好きでした。

さて、スタバもウーバーイーツ4/2からスタートしたみたいですね。

レジの前で並んでいるとピロんとかポロンとか

聴き慣れない音がするのでなんだろう?と思っていたら

どうやらウーバーイーツの注文音みたいでして

コロナウィルスの影響もあって

注文が殺到しているようで

男性の店員さん

うわ、また来たよーと女性の店員さんに愚痴ってました。

おいおい、目の前に客いるんだから

もう少しトーンを下げるかバックヤードで話なさいな…

因みに、時間的にもアイドルタイムということもあり

店員さんは二人だけ

片方がレジして片方が作るという役割分担

経験者からするとどっちが大変ってこともないけど

作る側の人ではなくてレジ側の男の子が

うわーって言ってたのに

逆じゃない?っとツッコミを心の中で入れました。

確かに働いている人からすると

仕事が増えるのに給料が上がらないのは大変かもしれないけど

それで来てくれるお客さんが減って売り上げ下がったら

シフト削られて逆に給料減るけど?

ま、そんなところまで考える人はいないですよね笑笑

私は、飲食店で働いていた時は

時給が上がることはしましたし

シフトを入れてもらうために色々と雑用もこなしました。

店長から使い勝手が良いと思われるように考え

気がついたことはやるようにしていましたし

シフトの急な変更などにも特段大事な用事がなければ受けていました。

なので、正直今よりも稼いでいたというのが本音です。

ただ、アルバイトというのは

年金や市県民税、ボーナスなどの部分で

恵まれていないですし

先程言ったように売り上げが落ちたりすると

シフトを削ったり

仕事量が増えたりします。

その点、サラリーマンというのは

決まった仕事を決まったこなすだけで

お給料がもらえますし

お休みがあっても月給なので

気兼ねなく休めます。

かといっていいことばかりということはありません。

昔と比べ平均月収は減っていますし

昇給も難しくなってきています。

なので、最近では

フリーランスになられる方が多く

ニュースなどでも取り上げられるようになりました。

どっちがいいとか悪いとかではなく

多くの生き方が出来る時代になってきました。

これからも淘汰されていく職業

逆に需要が増える職業など出てくると思いますが

先を見据えて何かに打ち込む必要があるのかもしれませんね。