まずは死に物狂いでやってみる!

おはようございます。ツナグです。

昨日は会社のミーティングからの歓迎会という名の飲み会がありました。

当初、食事会という名目で1時間くらいで
サクッと食べて終わろうという話でしたが

結局、コース予約したら
60分のコースなんて無くて
2時間のコースになりました笑

それはそうですよねー
1時間の飲み放題で食べ物も出そうと思ったら
他のテーブルの料理を全て後回しにして

間隔をあまり空けられずに
ドカドカドカっと料理が運ばれてきても

早食い競争みたいになってしまいますよね…

少しの時間しかって意味なら
コースじゃなくて
お料理指定してー飲み物は単品でってのが
いいんじゃないかな?って飲みながら考えました。

さて、職場ではまだまだ新参者なツナグ
今回あらたに仲間が増えましたが
残念ながら?部署が違います。

新しく加わった方は
店頭で販売を担当する方で

これまた違う部署からの異動組なので
社歴も長く販売経験もある

ただ一つ難点をいうと
販売アイテムがガラッと変わってしまうこと。

もちろん、同じ会社の扱い品なので
最低限の知識などは持ち合わせているでしょうが

深い知識はないでしょうし
なによりもラインナップが豊富な商品もあったりするので

最初が一番大変なんだろうなー
と他人事のように見ていますが

実は私も彼女と同じ立場の人間なんです笑

彼女と同じようにAの商品群を扱うグループ
もちろんこれから慣れてきたらBの商品群も扱うことになる。

ということもあり
一緒に講習というか
商品説明を聞く場をついでに設けてもらっていますが

これがまー細かい!
机に向かっていっくら勉強しても
披露する場が無いものだから
翌日にはあれ?なんだっけ?と忘れる始末…

これはいかんなと思い
自分が回る客先のスタッフさんや社長に
Bの方で何か困ってませんか?とか
気になってる商品ないですか?と

自分から話をする始末。
お店からもどっちの担当だかわからなくなるね笑
なんて言われることも

でも、ここで勘違いしないで欲しいのですが
Bばかり商売しているわけではなくて
最近、Aの話をしても話題が少なくなったなーとか
今はAの動きが悪いんだよねーとかって時にすかざ

色々なお店でBの話は良いって聞きますけどどうですか?とか
修理とか大変じゃないですか?とかって話に華が咲いて

結局はAの商品を仕入れてくれたり
Bも話を貰えたから、他の担当に伝えて
話を詰めてもらっていたら
社長から、あれ欲しいって言ってたよーとか

違うところから話を貰ったりなんてことも。
どこから話が舞い込んでくるかはわからないので

話が盛り上がらないとかで
悩むくらいなら自分から飛び込んじゃう気概で

だってさ
やらされても自ら進んでやっても
やるのは一緒!

なら、せめて楽しんだ方がいいに決まってる。

それに、人間は追い込まれて始めて力を発揮したり
そんな切羽詰まった状況を経験して始めて成長するもの。

なので、嫌だなーとか
失敗するに決まってる。
なんて決めてかからないで

まずは、死ぬ気でやってみよう!
死ぬより痛いことなんてないのだから♪

もし、仕事で失敗しても
上司が庇ってくれるかもしれない。
先輩が慰めてくれるかもしれない。
それこそ、新しい道をみつけられるかもしれないのだから

諦めるのは失敗してからだって出来るのだから
まずは、死ぬまで走り続けてみよう。

その後に今の仕事が自分に合っているのかな?って立ち止まって考えればいい。

トライアンドエラーって言葉があるように
トライしなきゃエラーは出てこない

だから、今の仕事に全力で向き合ってみよう。
それからでも遅くないはず。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする