ファインセラミックス

皆さんこんばんは
ツナグです。

皆さんはセラミックって知ってますか?
では、ファインセラミックスはいかがですか?

因みに、今ですと様々な部品に使われているセラミック
宇宙船の部品、宝飾品にも使われている場合もあります。

後、皆様が考えるセラミックって
子供が食育やちびっ子料理教室なんかで使う
手を切らない包丁とか半永久的に使える砥石なんかが一般的だと思いますが

実は、近年ですと
リング状に加工されて宝飾品(ジュエリー)としても使われています。

もちろん、包丁のように薄く伸ばしてというだけでなく
表面は光沢があって綺麗に加工されています。

また、それ単体でもお洒落なリングに見えますが
細いマリッジリングの両端を挟んであげることで

元々持っているリングの表情を変えてくれたり
白だけでなく黒もあったりするので

その時のシーンに合わせて付け替えることが可能な点も利点の一つになります。

今はジュエリーでもリングに特化して作られていますが
これからは、他の宝飾品にも広がっていくでしょうし

価格も抑えられているので若い世代の間で流行るのではないでしょうか?

他にも昔は金やプラチナ、シルバーにメッキなどをして作っていた喜平という形のネックレス

あのおじいちゃんとかちょい悪のおじ様がつけている金のネックレスですね。

あれが、最近ではステンレスで作られているものもあるのだとか

昔は、ステンレスは加工が難しいとされていたのでジュエリーには進出できなかったのですが

最近では、特殊な加工方法も出来。
皮脂汚れなどにも強いステンレスのネックレスを付ける方が増えていくかもしれませんね。

こちらも価格も安く抑えられていますし
何より、この手のネックレスをされる方はどこにでも付けていきますし
お風呂だろうと寝るときだろうと外さない方がほとんど。

なので、金やプラチナの製品だと直ぐに霞んでしまったり
クリーニングを週に一度や二度とされて綺麗にしている必要があります。

だってお洒落のためにやってるのに
付けてるジュエリーが霞んでいたら元も子もないですやね。

なので、プラチナや金に代わるものとしてステンレスのネックレスが出てきたのは凄い事。

宝石も合成石の質が近年飛躍的に上がってきていることを考えると

天然石の価値は更にあがり富裕層に
その代わりというわけではありませんが
元は工業用として作られていた合成石も
これからは若い世代をターゲットに捉えた戦略的なブランドが日本にも進出してくると考えられます。

合成石についてはまた後日語るとしますが

日本人の頭には
合成石=偽物というイメージが強いかもしれません。

ただ、これは合成石という物を知らないからであって
私のように少しかじっただけの人間でも合成石の良さは感じられます。

これから、マーケットが少し楽しみになる情報を聞けて
少しワクワクしています。

皆さんもこの波に乗り遅れないように
情報だけでも集めてみてはいかがですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする