胡瓜をむさぼる息子

先日、泣き叫んでいた息子に

奥さんが胡瓜をあげたところ

喜んでくわえてました笑笑

しかも、生で丸かじり💦

流石にそれはどうなの?と思いながらも

泣き止むならいいかと写真をパシャリ!

お風呂上がりだから

ちょっと髪の毛パサパサしていますが

手もブレてるし(⌒-⌒; )

実は私も小さい頃

母に胡瓜を渡されて

黙って食べていたそう笑

息子よ、血は争えないな。

この時期は、何でも口に入れたがるせいか

口に入る手頃なものがあると

しずかーに咥えてます。

今回の胡瓜🥒も大きさ的にも

手で持つ長さ的にもちょうど良かったのでしょう。

因みに、ペットボトルの口

咥えて喜びます。

中身入っていたりしてもキャップ閉めて渡せば

問題ありませんし

飲み終わった物でも大丈夫です。

なので、玩具という玩具を買っていません。

もちろん、出産祝いで頂いた玩具などもあるので

全くないというわけではないのですが

逆に言うと

私たちも、咥えさせてしまっている分

何でも咥えてしまっているのかも?

食べ物に関してもですが

最近では大きくなってきたこともあり

私たちが食べている物を少量食べさせたりしています。

従来の考え方からすると

タブーに当たるかもしれませんが

私達的には

息子が喜んで食べてくれる

静かに食べてくれているから

いいかーという気持ちです。

もちろん、ダメかもしれない…というのは

重々承知ではありますが

なんもかんもダメ!と取り上げるのも

怒鳴りつけたりするのもしたくありませんので

今はとりあえず

伸び伸びと育てていこうと思います。

あまり神経質になってしまうと

私たちも疲れてしまいますからね…

もう少し大きくなって

ダメな物

いい物

という区別がつく様になれば

根気よくお話をしようとは思います。

そう言った意味では

絵本って理にかなっていますね。

絵が綺麗だったり

さわれたり

最近の絵本は本当に面白い♪

家のどこかを絵本の棚にして

息子が読みたくなる様にしていこうと画策しています。

ダメダメではなく

その子の良さを引き出す!

そんな教育に力を入れていきたいですね♪