結婚一年を前にして写真を撮ってきました!

最近では結婚式を挙げない夫婦が増えてきた昨今。

御多分に洩れず、結婚式を挙げない夫婦の私達。

式を挙げない代わりに写真を撮りにいこうと
少し前から衣裳合わせたり
必要なものを買い揃え先日実際に撮影してきました。

そこでこれから写真を撮ろうとしている方の為に
私が経験した連絡〜予約〜衣装合わせ〜撮影までの流れをご紹介したいと思います。

まず、はじめに写真が撮れるところを探さないといけないのですが

これは、意外と簡単に見つかります。
まず、結婚式場やスタジオを持っているところが
大きな駅の近くに一つや二つあるので
そこに飛び込むかブライダルサロンをネットで検索。

ブライダルサロンはホテルの片隅にあったりもしますので
結婚式の式典などもしているホテルを見つけたら探してみるといいでしょう。

後はもう簡単です。
電話でもいいので実際に話を聞いて
ある程度プランを立てる。

今回私達が選んだプランは担当の方が強く推していた
シンデレラプランというもの。(場所により名前などは違うと思います)

プランの内容としては
価格:20万円➕消費税
衣装:女性は三着、男性は二着
オプション料金がかからずどの衣装からも選べる

また、和装と洋装のどちらも着られて
セットや小物などもただで借りられます。

ただし、肌襦袢や足袋など下着類は自分で用意が必要。

因みに、上に書いたオプション料金が安く抑えられるなら
別のプランの和装と洋装がどちらも着られるプランもあります。

価格は12万円➕消費税でしたが
私達は…というより奥さんが選んだ着物が一着で10万円を超える物でしたのでオプション料金度外視の物にしました。

ここは、担当の人に相談となりますが
衣装合わせまでオプション料金がかからないものにしておいて
合わせてみたら通常のプランのが安いなってなったら
変更できないか相談・交渉してみましょう。

大体のところで受け入れられます。
もし、出来ないと言われたら他のサロンを探した方がいいかもしれません。

ただ、ここで注意してほしいのが
必ず高いものにしておいて後で安いものに変更出来ないか?というもの。

なぜかと言うと
今回私達は三着撮影出来るプランにしていますが
通常のプランは和装一着と洋装一着という場合もあるからです。

そうなると撮影時間が変わってしまいますので
必ずそこは着数が多いプランからの変更ということで話をしましょう。

因みに、私達は親切な担当さんだったので
担当さんが教えてくれて上記の通りにしてくれました。

次に衣装合わせ
見ているのと着るのとではかなり違いがあります。
しかも、だいぶ光で色が飛ぶので顔はもちろん
お着物やドレスの色などは濃いものを選んだ方がいいです。

実物と写真で撮った例としてサンプル画像的な
カタログもあるはずなので
実物だけでなくカタログと照らし合わせながら
色味を確認しましょう。

さあ、ここで衣装を合わせたら
いざ本番!

当日、若干の緊張を感じつつ
順番もあるかもしれませんが

基本的には、和装→洋装→洋装と撮りました。
やはり頭のセットとかを考えると
初めは和装でいった方が時間が短くなっていくので

気持ち的に楽かもしれません。
そして、一番和装が体力も時間もかかります。

なので、私の経験的にもオススメ的にも
和装→洋装→洋装の順番です。

因みに私達は
三シーン撮影で

スタジオ→神殿
スタジオ→チャペル
スタジオ→階段と撮影しました。

場所によりこの辺は全く違いますが

神殿かチャペルはあった方がいいですねー

和装と洋装を撮るならなおさら!

後ちょっと付け加えるなら
全部で5時間くらいかかりましたが

男性は胸をはり姿勢を正して!
女性は首をなるべく伸ばして凛とした態度が

一番綺麗に写るのかなー

後は、特に細かいことは考えずに
カメラマンさんの指示に従う!

そして、どうしてもこのポーズはやりたい!というのがあれば
先に伝えておくこと。

また、小物も使ってくれるカメラマンさんがほとんどですので
先に伝えておきましょう。

なんでもそうですが
先に伝えておかないと時間がなくなってしまったり
衣装替えになってしまったりしますので

事前に小物やポーズがあるなら
伝えておきましょう。

お手伝いしてくれるスタッフさんもいますし
その方に伝えてもいいのかもしれませんが

それよりも、構成を考えてくれているカメラマンさんに直接伝えた方がいいです。

ちょっと意図が変わって伝わると
出来上がりが全く異なる可能性もありますし

高額出して撮るのですから
疲れていても妥協はしないように

むしろ、疲れるのがわかっているので
事前に準備すること!

これは肝に命じておきましょう。

後は思ったことはなるべく伝えてみましょう。

もしかすると、違った形で融通を聞いてくれる可能性もありますので
ダメで元々!という考えて
聞くだけ聞いてみましょう。

大丈夫なら、他の手を考えてくれますし
ダメならそれは無理って言われます。

特に私達みたいに
シンデレラプランという名の特殊なプランで
オプション関係ないので
そこは欲張らないと!

さて、これで私達の経験した
ブライダルフォット撮影会の全貌です!

もし、これから撮ろうかなーどうしようかなーって考えてる方や
結婚を考えている方
どれくらいかかるの?
どれくらい時間やるの?
大変かなー?という方の為に少しでもタメになればと思いますので

ぜひご参考に!

皆様の結婚に幸あれ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする