軽い気持ちでFXに手を出して50万溶かした話

億トレーダーがゴロゴロ存在するFX業界

煌びやかな世界を夢見て足を踏み入れてみた。

はじめこそ、よくわからずにポジポジと

ポジションをとっていたのだけど

これが、運良く見事にハマった

自分天才なんじゃないか?と有頂天になり

ロットを上げて更にポジポジ

最初の数日は利益が上がって大喜び!

そして、今日ついにやらかしました。

50万溶かした…

正確には75万まで稼いだ後に溶かしたので

75万円分、丸々…

終わってみて青ざめる…

一番ダメなやつやりました。

読みが外れて逆方向にドンドン進む

損害が嵩む中

大丈夫、反転する。大丈夫、反転する。

と呪文の様に唱えて数分で

ものの見事に溶かしました。


そして、やっと冷静になった(←イマココ)

敗因を冷静に判断すると

あきらかなる、ロット管理ミス

そして、資金管理ミス

更に言うとポジポジ病!

なんの根拠もないインが多く

初め稼げていたのは本当に偶々

イメージが相場に合致していただけ

では、何をしなきゃいけないのか?

テクニカルの勉強はもちろんですが

精神を鍛えないとダメ。

FXは、株と違って現物買いが無い世界。

インから決済までをある程度決めて行わないと負けます。

また、予想を外した時に潔く損切りすることも大切です。

どんなにプロの投資家といえども

損を出さずに勝ち続けることなどできません。


では、どうやって利益を出しているのか?

それは、損小利大です!

損切りを早く確実に実行し

損害をなるべく小さくする。

その上で予想とマッチしていれば

トレールを行い利益を上げる。

これの積み重ねで稼いでいるのです。

もちろん、金利差によるスワップポイントもありますが

現在では、スワップポイントのない通貨が存在しているようですので

スワップ狙いではない方にはお勧めかもしれません。


最後にもう一度まとめてみますと

お金を稼げる分損する可能性も多いFX

元々、スプレッドというのが存在しなければもっと沢山の方が稼いでいると思いますが

その差額で稼いでいる証券会社は多数有るので

というより、ほとんどの証券会社が同じ状態であると言っても過言ではありません。

なので、元々私たちは不利な闘いをさせられています。

でも、その分勝てば大きな金額が動かせます。

私のように野望に満ち溢れている方にはFXオススメですが

勝つ時の勢いがある分

負けの時も同じくらい勢いがあって

100万くらい溶ける時は一瞬です。

このことを忘れずに自分を見失わずに取引してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする