あれこれと手を出すよりも一つのことを極めた人は強い!

今回は、私の経験則と言いますか

私の悪癖の一つをお話ししまして

なぜ、広く浅くの知識よりも

狭く深い知識の方が強いのか?

需要があるのか?ということを話していきたいと思います。

さて、こんな書き出しをすると

皆さん、お分かりかと思いますが

私は、色々な事に手を出し

自分の中で確たるものが作れぬまま

右往左往しておりました。

今でもふとした時にこの悪癖が出ることがありますが

あ、悪癖と書いていますが

必ずしも悪いわけではなくてですね

その辺りは、また別日に書きたいと思いますが

幼い頃より

初めてすることや物でも

説明書とかを読まずに

なんとなーく触るとわかってしまっていた

というのが大人になるとですね

色々なことを試したくなるんですよ

それこそ、際限ないくらいに

私の過去の収集物などていうと

スキューバダイビングの資格や

使用済みの切手

仕事に使えると思って取ったCADという資格

中国語、フランス語、英語と

色々とやってきました。

資格も取ったりもしましたが

他の物に興味が惹かれてしまって

結局、途中で投げ捨て次に行ってしまうんです(T . T)

もちろん、諦めがいいと言ういい面もありますので

悪癖認定するのは、同じような能力で活躍されている方に失礼なのですが

これってただそのままやってしまうと

本当に悪癖なんです…

というのも、時間もお金も使って

やってしまうので

結構、無駄にしていることが沢山出てくるんですね。

最終的に、まとめあげられたら素敵な話なのですが

そんな事を考えながらやっているわけではないので

ひっちゃかめっちゃかになるんですよ

引き出しの大きさが決まってるのに

沢山ものを詰めすぎてしまったタンスってくらい

使えません。

だって、どこに何しまったか自分でもわかんなくなってしまうんですから

だから、あっちこっち見て

目移りしてるくらいなら

一つのことを諦めずに突き進んだ方が

成功する可能性は高くなります。

昔からよく言いますが

小さな成功体験を積み重ねると

途中で飽きたりせずに続けられると言います。

もし、お子さんに諦め癖がついている方は

お子さんを責めたりするのではなく

一緒に成功体験を積んであげるようにしましょう♪

ただ、この時ちょっと注意が必要なのが

成功したことで天狗になってしまう子がいるので

その辺りは抑制してあげましょう。

あくまで成功体験を沢山させてあげるんだけど

全てが思い通りになるなんて思っちゃう様な事は要注意ですよ(^^)

因みに、うちの息子くんは

一人っ子ということもあってか

甘やかしてしまったので

これから、大変そうです笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする