私がブログで伝えたい事

5回目にしてブログを通して皆さんに何を知ってほしいのか?少し自己紹介を交えながらお話ししてみようと思います。

いきなり結論から言うと

『本当に誰でもブログで成功出来る!』というのを証明したくてブログを始めました。

人それぞれ成功って意味合いが違うしゴールも違うと思いますが

私的には、ブログを上手くとか書かなくても
コツコツ記事を書き続けて設定さえしたら
月に数万円は稼げるよ!ってのに挑戦のつもりで始めました。

もちろん、その先もいけたらいいな♪とは思っています。

でも、自分の好きな事とか考え方とか
出会った人々の話とかを書くのがメインなので
お金についてをメインにはしたくはないかな?って思ったりもしています。

私も人間なので波があるとは思いますが
あまり、そこは細かく考えずに
とりあえず、一歩ずつ歩いてみようと思います。

そんな中で少しずつ成長したり
はたまた、急激な進歩や
全く変わってない部分なども感じてもらえたら嬉しいですし

ゆくゆくは、ブログ始めてみたいんです。
とかって人達のお手伝いが出来たら嬉しいかな。

後は、仕事も今の仕事ではなくて
場所とか時間に囚われないような
フレキシブルな仕事というか楽しみを見つけたいという気持ちもあり、ブログを書き始めました。

因みに、私は中途採用で入った卸営業の仕事をしていますが

ある時は、飲食店で調理をしながら接客をしたり
またある時は、建築の構造関係の会社でCADで図面を引いていたり
また別の時には、宮古島で生活してみたりと

自由な事をして気がつけば30代(⌒-⌒; )
そろそろ、落ち着かないとかなーなんて
周りにも色々言われたこともあり

実家を離れて宮城で生活しながら
未経験の営業という仕事をしています。

あ、因みに私は、生まれは埼玉の小さな工業地帯で生まれまして
直ぐ隣が東京という環境にありながら
物凄い田舎で暮らしてました。

でも、小さい頃はそんなこと気にもしていなかったのですね。
そりゃそうか笑笑

小さい頃は、自分の行ける範囲が全世界だと思っていたくらいですし
電車に乗って遠くに行くこともなく
それは、それは
小さーい地域の中でだけ生活していました。

小学生、中学生と大きくなっても
特に変わったこともなく平凡とした生活で
まあ、平和といえば平和ですが
退屈すぎて体力の有り余った中学生からしたら
暇でしかない世界でしたねー。

その反発からかもしれませんが
中学を出たら働く!って言ったら
父親は喜んで応援してくれましたが
母親が頼むから高校だけでも行ってくれ!
と懇願されましてね

中学卒業して大工さんになって
頑張って親方になって月100稼ぐんだ!
という小さい夢は数日間で海の藻屑と消えました(T . T)

そんなこんなで高校受験になる訳ですが
私、頭は良くも悪くもない中途半端なところでして
正直、狙っていたのは隣の市の高校でしたが
同じ中学から行くのも多くて

顔見知りばかりいてはつまらん!
ということで、親に頼んで野球で強い浦和学院に入れてもらったんですね。
因みに、ゴルフと私の出会いはここから始まりまして
今でも、続ける唯一のスポーツですね。

ゴルフについてはまたの機会に書くとして

高校に行って良かったことは
今でも仲良くさせてもらっている友達が出来たこと。
部活も楽しくて優しい先輩達ばかりで三年間休まずに行ったこと。

悪かったのは、マークシートで適当に答えた回答が運良く当たっていたみたいで
行きたくなかった進学クラスに行ってしまったこと。
週に三日、1日8時限目まであるクラスだったのです。(50分×8時限→45分×9時限になった)
これにはよく調べずに入った自分の落ち度です(T . T)

やっぱり、自分の人生を左右する選択は
下調べは必須ですね(⌒-⌒; )
お陰で三年間みっちり勉強したお陰で大学まで行けましたし
趣味の合う友人や休み時間にバスケを一緒にやる友人が出来るなど
驚くほど充実はしていました!

部活も三年生になる頃には部長ではなく
部長をサポートする副部長にもなりましたが
公式戦などで県大会まで進むことはできませんでした…
周りのレベルが高すぎる(⌒-⌒; )

大学に入ってからもゴルフは続けましたが
結局は学費が賄えなくて大学自体を途中でやめることになります。

と言っても、上手く乗せられて行っていただけで
そんなことよりも、アルバイトで月数万円稼いで
友人達と遊ぶ方が楽しかった。

大学を辞めてからは、時間も出来たので
本格的に働こうと考えたものの

大学中退という言葉はかなりのマイナスに見られました…

かといってただ遊び呆けている訳にもいかないので
アルバイトでも稼げるところを探したり
掛け持ちでやってみたりと色々試した結果

給料は少し落ちましたが
樹脂の加工品を扱う専門商社に入社しました。

この時、私は22歳でしたが
アルバイトばかりしてきたせいで
自分で考えて行動するという力が欠けていました。

その事を教えてくれた社長には
今でも感謝しています。

因みに、賞与を始めてもらったのもこの会社です。
中国に取引先の工場があったこともあり
一ヶ月に一回中国に行ったり
実際に製品を作っている工場にお邪魔してラインを確認したり
樹脂ってどうしても不良が出てしまうので
選別ラインで一緒に選別作業をしてみたりと

本当にたくさんの事を体を使って覚えました。

今ではその会社は無くなってしまいましたが
社長には本当に感謝しています。

ただ、その時から
いずれは自分で何かやらないと…
といった漠然とした気持ちは常にありました。
その時は、お金も貯めて経験も積んで
人脈も繋げて!と色々と考えたものですが

今は、スマホ一つでなんでも出来る時代ですし
地方にいようが首都にいようが稼いでいる人はいるし稼いでない人はいつまで経っても稼げないということがわかりました。

あと変わったのが
自分のやりたい事がある程度明確化されました。
今の私のやりたいことは、小さなコーヒー屋さんを開いて
手挽きミルで一杯ずつ丁寧にお出ししたいなーとか
昼はカフェ、夜は誰かに貸してバーとしてやったら面白いだろうなーとか色々考えています。
因みに、食事の提供はしないつもりです。

なんだかんだと私の昔話に花を咲かせてみましたが
いかがでしたでしょうか?
つなぐは、こんな人間です。

ちょっとでもこいつ面白いな
これからが気になるなーなんて思ってもらえたら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする