台風が関西地方を直撃!

歴史的にも最大級の
台風「チェービー」なんと関西を直撃!
そして、そのまま日本海へ大陸を縦断し
そのまま中国まで行くのかと思いきや
日本海に沿って北上!

最終的には、北海道の函館市にぶつかった後に
中国、韓国に向かって軌道を変える進路らしい。

それにしても、今年は台風が沢山きています。
毎週毎週、台風が広島に向かって…とか
今回は関東に向かってとか
ちょっと前に変わったのだと
太平洋でサブロク決めたのまでいましたよね(⌒-⌒; )

今年は異常気象だなんて言いますが
台風が発生するのは毎度の事ですし
異常というなら、一昨年も沖縄を直撃したのが
一つの台風だけで進路的にも変わっていたと思います。

そういえば、聞いた話なのですが
台風って燕を名前に付けるとかなんとからしいのですが
今までの台風の名前なんて覚えてないですよねー笑笑

ちなみに、今回のチェービーは韓国語!
そして、意味は上にも書きましたが
燕って意味です。

なんで、燕を付けるのかというと
燕の巣を上からみると
台風に見えるから?

などと、私は安易に考えたのですが
実は、全く違った理由だったのです!

『台風に燕という名前を付ける理由は…』

猛威を振るう台風に燕という可愛い名前を付ける理由
実は!
「柔らかく美しい動物の名前を使う事で台風の被害が発生しないように」と願いを込めたため

だそうです!

いかがですか?
とっても素敵な話ですよね♪

私は、この話を知ったときに
へーそうなんやー

これは、みんなに知ってもらわないと…
とブログにこの事を書く事を決めました。

因みに、私は友人から聞いたので
事実がどうかは知りません。

ただ、私自身
理にかなっているというか
心にストンと落ちてきて納得出来たので

そうなんだろう。
違っていたとしても
似たような意味で名前を付けた理由だってあるはずだと思い、そのまま書くことにしました。

だって、名付け親は私ではないし
名付けた人のことも知りませんし
確認しようがありません。

なら、そんな細かい事を気にしないで
書いちゃえ!って思いますよね。

私は、書いちゃいます。
間違ってたら消すなり修正するならすればいいし

それに、こんな嘘で誰かが傷つくことなんて
まずありえませんので
その辺りは、深く考えません。

これが、誰かの話で
勝手に話を捏造してて
その人が傷ついたら
窮地に立たされるなら書きませんが

少しでも日本から見た韓国が
よく見える様に
変な偏見が強くならないなら
それは、それでいいのかな?と思います。

私自身
仕事の関係で中国に出張したり
中国の方や韓国の方と一緒に仕事をしたり

もちろん、友人にもいますし
中国だからー
とか
韓国だからー
というのは好きではありません。

だって、そんなこと言ったら
日本人以外みんな敵になってしまうじゃないですか!

それは、あまりにも閉鎖的な考え方だし
日本が無くなった時とか考えないのかな?とか
日本とか国って概念が無くなったらどうするのかな?って話ですよ。

近未来的な映画によくありますけど
お金って概念が無くなるってことだって
起こりえるのですよ。

堀江さんとか名だたる方達が
口を揃えて言っているのが

『キャッシュレスの時代がくる!』って事ですが
私もそこは激しく同感です。

なぜかというと
世界がキャッシュレスの方向に向いているからです。

欧州だと思いましたが
手にマイクロチップを埋め込む事でキャッシュレスどころかカードも必要ないようにする取り組みとか試験的に採用されていたりしてます。

これは、キャッシュレスの動きですが
もっというとお財布自体必要としない時代が来るし
もっと言ったら、スマホとかの電話だって
そのうち必要なくなるんじゃないか?ということです。

身分証もいらなくなるし
マイクロチップで居場所とかもわかるし

全てを管理されちゃう様になったら
ちょっと怖いですが…
(映画のターミネーターみたいな)

AIも最近は、出てきた当初と比べたら
雲泥の差がありますが

今では、質問すると
インターネットで検索して答えてくれたり

他の付属機器が必要ですが
電気をつけたり
注文したり

他にも、色々なイノベーションが起こっています。

そのうち、家電とかにもAIが搭載されて
リモコンとか必要無くなって
音声認識とか指紋、網膜認識とかが普通になって
手ぶらで買い物
手ぶらで遊びに
車の運転も自動とか
もっと言ったら、個人所有の車がなくなったり
バスとかタクシーとか電車とかがAIで運転される時代とか来るんでしょうね。

自分が生きているかはわかりませんが
ドキドキワクワクして楽しみな様な
進みすぎた文明は滅びるというから
それはそれで怖い様な気もするんですが

便利になるにつれて
人間がダメになっていってしまうのではないか
心配ではありますが

その時はその時なんですかね?
映画の見過ぎですかね?
私達の未来にもジョ◯・コ◯ーがいてくれることを願いたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする