え?なにそれ!?宮城に来て初めて知った食べ物

おはこんばんにちは!

皆様いかがお過ごしですか?

年末も近づいて来ましたね。

師走といえば
師匠も走るほど忙しない月として有名ですが

今年の12月も皆様突っ走ってますか!?
私は変わらず毎日走り続けてます^^

さて、今回は
宮城に来て
なにそれー?となった食べ物達をご紹介しようと思います。

まず、これ芋煮!!

これは、芋煮会というものがありまして
そこに初めて呼ばれた時に
私「なにこれ?」
友「芋煮」
私「え?」
友「いもに!!」
私「え?芋煮ってこんなのなん?」
友「そうだよ」

なんてやり取りしたのが懐かしい。

因みに、私は初めて見た芋煮をと〇汁と馬鹿にしていましたが
結構ガチで友人に怒られました^^;
(皆様もお気をつけて!)

そしてこれまた後で知ったお話なのですが
芋煮って宮城だけでなく
山形でも福島でも食べられていて

三県共に芋煮会があるらしいです。
因みに、芋煮会というのは
芋煮を食べるバーベキューです!

芋煮を食べなかったら
ただのバーベキューですが
芋煮を食べるだけで芋煮会になります。

そしてもっと驚いたのが
芋煮は県によって味も具材も違ったのです。

もっと言うと
うちのが本当の芋煮じゃーーと
三県でちょっとしたバトルにもなっているらしいです。

私からするとどれも美味しいので
別物として考えているので
どれが一番とかは決めづらいし
好みによるところが大きいので
正直どうでもいい^^;

山形は醤油ベースで牛肉
宮城は味噌ベースで豚肉
福島は醤油と味噌のハイブリッドで豚肉

具材がごろごろしているのは宮城で
きのこが沢山入っていて山の幸の香りを楽しめるのは福島
余分な具が入っていなくてお上品な味わいを楽しめるのは山形

と良さが違うのです。

私的には、具材がごろごろしているのが好きなので
宮城が好きだが

その日の気分によって
山形の芋煮食べたいなーというと時もありますし
きのこの香りを楽しみたい!って時もあります。

なので正直甲乙つけ難い!!

もし、三県訪れることがあったり
各々ホテルに泊まる時は三種類の芋煮を堪能していただきたいですね。

つづいては
ちょうど12月ということもありますので
宮城で新年の定番でもあるナメタガレイ!!

通常のカレイに比べぬめりが強いのですが
ナメタガレイは子持ちの物が多く

身も肉厚で柔らかく
卵の食感も楽しめるので
特にオススメ!!

下処理が若干大変ですが
美味しいものを食べたいのであれば
労を惜しんではいけません。

しっかりとぬめりを取り除き
うろこも取り除き

煮付けにしましょう!!

因みに、煮込みすぎると
身がぼろぼろになったり

卵が身から出てしまったりもしますので
ささっと身に火を通すだけになります。

そして、子孫繁栄の縁起物であることからお正月におせちと一緒に食べたり
場所によっては、おせちの中に入っているところもあります。

初めて、ナメタガレイに出会ったのは
百貨店のお魚屋さんです。

そこで、さあナメタガレイが安いよ~!というの掛け声を聞いて
隣にいた嫁に「ねえねえ、ナメタガレイってなに??」って聞いたのがきっかけです。

そのとき、嫁はナメタガレイ知らんの??という感じで言ってきましたが
正直、関東にいた私には初めて聞いた時の衝撃は計り知れなかったです。

嫁の反応も含めてですけどね^^

まだまだ宮城に来て
初めて出会った食べ物たちがいたら
買って食べて
その美味しさを伝えていきたいと思います。

それではみなさま
また次回!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする