たまには業界的な話をしちゃおう〜

どうもこんばんは!
人によっては、おはようだったり
こんにちはだったり

仕事上ならどんなときもおはようございます!
ですけどね。

ま、そんな一般常識は置いておいて

今まで触れずにいた
私の業界的な話をしていこうと思います。

まず、私が働いている業界は
マツコの知らない世界でも取り上げられたりしてたのですが

女性が大好きなキラキラと光る
ジュエリーや宝石の業界に身を置いてあります!

今まで業界について触れてこなかったのは
自分自身がこの業界についてよく知らなかったから

男からしたら
うさんくささ抜群な世界だとも思っていたのは
正直な感想。

で、今回書こうと思ったのは
これから、宝飾業界全体に
激震が走る出来事が起きるからです!

一部では既に公表されていることなんですけど
人工ダイアを使ったジュエリーが世に出てきます。

元々、人工ダイア自体は
昔から研究されていて
元々は、大きなものを精製するのが難しかったことから
工業用に使われているのが主な使い道でした。

ただ、近年
この人工ダイアの新しい製法や機械が作られたことで
粒の大きなダイアが自然に出来るよりも遥かに早く
作れるようになったからなのです。

因みに、ダイアモンドって高いですよね?
昔で言うとエンゲージリングは給料の三ヶ月分のものを買うと言う風習があったくらいに高価なものというイメージなのですが

現在は実は少し金額も変わってきています。

昔のエンゲージリングは20×3=60万だとすると
現在では30〜40万で買えるものがほとんど

マリッジリングに関しても
一本20×2=40万だったのが
一本10×2=20万になってきています。

これらは、あくまで平均的なお話なので
こだわっている方や
ダイアの大きいものを買われている方は
もっともっと高い物を買っていますよ。

さて、話を少し戻しますが

そんな高価なダイアモンド
なんで?ダイアって高いのだと思います?

もちろん
大きくて綺麗なダイアは
それだけ希少価値があるので
金額も高くなるのはわかります。

では、そこまで綺麗ではないけど
輝きはあって小さいものは?
いくらくらいすると思いますか?

実は一万円とか出すと買えるものが多いんです。

じゃあ、なんでお店に並んでるリングは
一万円では買えないのか?

それは、地金と言われる
リングの枠が関係しています。

因みに、リング枠って金やプラチナで出来てるのは
女性ならご存知でしょうが
男性はご存知でしたか?

まー知らない人も言わすよね。

ま、そんなわけで
ダイアの価格➕金やプラチナの価格
そして、それにデザイン料やら工賃とかが載るので

気がつくとお店で並んでいる価格になっちゃうんですねー

ここが不思議な様で
必然なんですねー

さて、リングの価格を理解していただきましたが

これからが本題です。
実は、先程触れていた人工ダイアですが

エンゲージリングに使えるほどの大きさで
グレードも高いものができているんだとか

元々海外ではブランド化もされていて
広く知られている様なのですが

日本ではこれから
それもそのはず
日本人はダイアは天然しかダメと思っている方が多いからです。

でも、時代か流れに流れたことで
18金じゃないとーとか
プラチナでないとー

とかってこだわる方が少なくなったんです。

なので、安価で買えるアクセサリーを
好んで買う若い女性達や
40代くらいまでは
いまや、アクセサリーしか身につけないなんて方も多いのではないでしょうか?

高くて買えなかったり
他の趣味に触れる機会や楽しめる機会が増えたのも
理由の一つかな?と思われますね。

ま、そんな窮地に立たされている宝飾業界にとっては
救世主になるんじゃないか?

という存在の誕生です。

まだ、出始めですので
これから、沢山の商品も増えていきますし
ショップも増えていくと思います。

元々のお店と共存できるのか?
働いている私としては
そんなところも気にはなりますが
これからの流れが楽しみな出来事の一つですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする