タクシーの運転手さんって儲かるの??実際の所どうなの?

初乗り運賃が下がって
短距離で利用しやすくなったタクシー

昔に比べて走っている数も減ったように感じますが
実際の所、お給料事情など
どうなっているのでしょう??

昔気になって調べた情報ですが
基本的な部分は変わっていないと思いますので

そのまま記載していきます。

因みに、全てのタクシー会社
運転手さんがこの給料体系に当てはまるわけではないと思いますので

ご注意下さい。

まず、簡単に言ってしまうと折半です!

なので、若い人で体力がある人が
一番稼ぎやすい!

でも、乗ってみると気がつくと思うのですが
タクシーの運転手さんって若い人少ないんです。

これはなんでか?というと
体力だけでなく稼ぐには工夫も必要だから。

道を覚えられるから始まり
裏道を使える
時間によって人の多い場所がわかる
タクシーを利用するお客さんに気が付ける
などなど

体力よりもお客様を見つける嗅覚に優れていないと
稼ぐことの出来ない職業なのです。

後は、じっと我慢する忍耐力も必要ですが
これは工夫次第で克服出来るので省きます。

当たり前ですが
働く時間を増やせば
その分、お客様を捕まえる機会が増えるので
稼ぐ可能性が上がります。

他にも、お店の店主と仲良くなって
何かあった時は呼んでもらうなんてことも可能です。

ただ、これには一つ注意が必要で
忙しい時間に呼び出されて
列から外れないと行けなくなってしまったり
値引き交渉をされたり
店主に紹介料を取られたりなんてこともあるので

何回かに一回とか回数を決めて
お店にお金を落とす必要が出てきます。

もしくは、自分自身を気に入ってもらう必要や
休みでも呼び出しに応えたり
店主が利用するなんて時もあり

色々な場面で上手く立ち回らないといけない場合があります。

こんな事聞くと
タクシーの運転手って稼げないし
大変な仕事じゃん!?なんて思うかもしれませんが

ちょっと待ってください。
まだ決めるには早いですよー

因み、たまにみかける個人ってなってるタクシー見たことありませんか??

あれってなんなんでしょう?
そうです。
あれは、自分一人でタクシー業を行う
個人タクシーです。

こうなるとお給料が折半ではなくなる分
ガソリン代や車の維持費が全てのしかかってきます。

馬車馬のように休まず営業するのであれば
個人タクシーの方が稼げるかもしれませんが

毎週二日は休みたい
なんて方には個人タクシーは不向きかもしれません。

そうなると
会社で自分のペースで運転する方があっているかもしれません。

結論!!
タクシー運転手は稼げます。
が、ただ走っているだけでは儲からない
儲かるためには
頭を使って工夫をして運転をする。

工夫といっても
お客様の立場になって考える感覚を覚えられれば
正直、体力なんて関係ありません。

頭を使えば
稼げる職業ということですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする