仙台の老舗のあんみつのお店!『彦いち』に行ってきた。

みなさん

こんばんは!!

仕事詰めで疲れ果てていた、つなぐです。

今日は、頑張った自分にご褒美&甘い物を摂取して

疲れを吹き飛ばそう!!と前々から気になっていた

甘味処『彦いち』さんにお邪魔しました。

えーこちらの彦いちさんは

仙台でも昔からあるお店でして

中でもこちらのお店で食べるあんみつは非常に美味しいと

県外にも知る人ぞ知る名店だ!という話を聞いてから(嫁情報w)

通勤で目の前を通る度に

メニューをみて

あ!クリームあんみつだけでなくて

フルーツのあんみつもあるのか~

夏になるとかき氷もやっているのか~

しかも、売りのあんこをふんだんに使っているとは

うーん

早く食べてみたい・・・。

なんて思っていたのですが

週末がイベントが立て込んでしまい

本日、やっと夫婦で食べることが出来ました~。

因みに、11:00~営業を始めるお店なのですが

我ら夫婦としては珍しい

オープンの11:00に突撃してきました!

中に入ると

落ち着いた雰囲気の店内はまるで

昔おじいちゃんに連れて行ってもらった

懐かしい匂いがする甘味処という感じです。

なんとも言えない安堵感の店内には

ガラスを隔ててにはなりますが

小さい小庭に池があり

その中では、本物の鯉が7匹ほど自由に泳いでいます。

甘味をメインでやっているからですかね。

こういう数にも7という数字を持ってくるところが日本っぽさを感じます。

さて、今回

お昼を兼ねてという意味で行きましたので

冷やし中華とあんみつを嫁が

冷麺とクレープを私が

各々別々の物を注文。

私は、かき氷と悩んだものの

つぶあん、しろあん、づんだあんを求肥でクレープの様に包んで

如何にも可愛らしい見た目をしているのが想像出来たので

クレープにしました。

因みに、こちらです。

※冷麺とのセットに関してはトップ画に張っておきます。

因みに、味はといいますと

冷麺は出汁にしいたけが旨味が凝縮されているお出汁で

とても美味しくお酢を入れる量で

味が面白いくらいに変わる完成されているものでした。

更に、カクテキをスープに入れて辛味を足したのですが

このカクテキがまた面白いのです。

多分ですが、一度

お漬物もしくは沢庵として漬けて

その後にキムチのタレの様な物を漬け込んだのかな~?

というくらい味がしっかりと付いていて

辛味というより旨味を足してくれるものでした。

ただ、一つ残念だったのが

沢庵が少し甘すぎてしまったところですかね。

また、あんみつとクレープに関しては

どちらも美味しく

楽しめたのですが

あんこが甘すぎる関係で

あんみつは途中で飽きてしまった。

逆に、種類も三種類あり、甘さも考えられていたクレープでしたが

求肥の良さでもある柔らかさが今ひとつ伝わらないかな?というのと

一つ一つが一口でパクっと食べられるサイズということもあり

もう少し食べたかったな~と思えたものもありました。

総評としては

あんみつの命のあんこに関しては

少し、甘すぎてすっきり感が弱かったかな?と思います。

私の中での最高のあんこは

やっぱり東京都上野にある『みはし』が一番ですね。

今度、東京行くときには

必ず、嫁に食べさせようと思います。

いつもタイミングが悪いのか?

やっていないか。激混みか?のどちらかですので

今度こそリベンジ決めてみせます!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする