転職成功法!転職経験6回の経験者が語る失敗しない方法

って大それたものではないですが

私はこれまで6社を経験し

これから7社目の会社に転職します。

年齢もありますが

今回で流石に最後かなというところです。

(次の会社次第ではありますが…)

さて、今回は

私が実際に実践した

転職をご紹介しながら

こんな転職はダメとか

こんな転職が理想とかという話をしてみたいと思います。

まー

まず、転職自体は悪いことではないのですが

正直、面倒な事が多いので

本当は転職なんてしたくないですよねー

かく言う私も転職しようと思ってというよりも

転職しないと…と焦りにも似た感覚で

転職に踏み切り7社目の会社に行くわけですが

まず、焦って決めるのは

本当に良くないです。

後決まらないからと

自暴自棄にも似た感覚で会社を決めたり

転職エージェントや派遣会社の担当者が持ってきた案件にただエントリーするのも避けた方が良いです。

というのも転職は非常に疲れます!

お仕事をしながら

自分で会社の情報を調べたり

送られてきた会社をチェックしたり

転職サイトのスカウトに目を通したりと

やる事が沢山あります。

ましてや、初めての転職ともなると

自分の履歴書をサイトに入力するところからスタートだったり

派遣会社に登録の為に出向いたりと

時間の拘束が半端ないです(⌒-⌒; )

ただ、今の会社には長く居られないと思った以上

転職しなければいけないという所まで来ていますので

はじめのうちで決まれば良いのですが

決まらずに何社も受けるようになると

もう悲惨です(;_;)

現職が嫌になっている分

疲れた体に鞭を打ち

仕事が終わった後に

色々な作業が出てきますし

面接を受ける会社の情報を調べながら

傾向なども頭に入れる。

転職エージェントが代わりに調べたりはしてくれるのですが

代わりに面接してくれる訳ではないので

会社の情報と同時に送られてくる

会社の傾向なども覚えないといけないからです。

そして、何社も受けた後に

最終的に妥協してしまい

自分が目指している本来の会社ではないところを受けてしまい

そのまま転職してしまうケースが

多いのです。

こうなると

転職した会社でも

ちょっとずつちょっとずつ

あれ?こんなはずじゃなかったのにな…

という事がふつふつと

沸騰するように

不満が蓄積されていき

最終的にヤカンからお湯が溢れ出てしまい

再度転職という形になってしまいます。

では、そうならない為にどうしたらいいのか?

傾向と対策ですが

もし、貴方が転職をするのが初めてという方で実家やパートナーの同意が得られる場合

退職した後での転職活動というものをオススメ致します。

というのも

先ほどもお伝えしたとおり

転職活動というのは

通常のお仕事に匹敵するくらいの

作業量があります。

もう言ってしまえば

一種の飛び込み営業を見知らぬ会社に行う事と思っていただけたらと思います。

転職というものは

会社に対して、自身を売り込む場にあります。

しかも、面接という限られた時間の中で

自分の人となり

会社にもたらす利益

などを提示しなければいけないので

通常の営業よりも難しさのレベルが跳ね上がります。

営業職、ましてや飛び込み営業をされたことのある方であれば

これがどんなに大変なことかはご理解いただけると思います。

さて、そんな大変な転職ですが

仕事をしながら

更にお仕事を一つ増やした場合に

果たして疲れ果てた皆様が

正常な思考を維持できるのでしょうか?

正直、数パーセントの方にしか

これは出来ないと思います。

だって、転職する理由は様々ですが

お給料や賞与などの待遇面

上司や同僚との人間関係

仕事内容などのやりがい

などの理由により転職される方がほとんどです。

もちろん中には

結婚などによる転居をしなければならないために転職や

派遣期間満了のためとか

病気や怪我などにより転職ということは

ありますが

これは、自分自身が選んだ転職ではないので

意外と後者のタイプは

お仕事が見つかりやすかったり

リミットが決まっているので転職しなきゃ!!

という意志のもとに進めて成功する方が多く見受けられます。

逆に仕事をしながら

良いところ見つかったらやめようとか

思って活動している方が

ダラダラと決まらずに

やりがいなどもなくなった会社で我慢しながら働き

最終的に余裕もないのに上司に言われた一言をキッカケにやめてしまい

ろくに調べもせずに焦って決めた会社に転職して失敗したー

なんてことがほとんどです。

では、失敗しない為にはどうしたらいいか?

まず、腰を据えて転職に挑むこと

そして、転職サイトや転職エージェントに

3社くらいは登録をして

全く同じプロフィール、状況を説明して

どんな対応をしてくれるかや

どんな会社を紹介してくれるかを比較する。

その中で自分がコレ!と思った会社に応募する。

たったこれだけで

自分の作業量を減らして

妥協の少ない転職を実現できます!

ただ、一点だけ注意が必要になるのが

転職エージェントや派遣会社でお仕事を始める場合

その方達に対してマージンが発生することです。

面接を受けて入社する会社が

お給料の0.5倍や同額の金額を

その会社に対して紹介料として

お金が支払われているということを理解して下さい。

その分、一般選考者に比べてお金がかかる。

ということはそれなりに会社も本気で人を探していたり

合致する人でないと採用しない可能性もあります。

なので、ここで更に採用率を高める方法としては

実際に転職会社から入社した人がいる会社を選ぶというのも手です。

というのも紹介を行なっている会社も

転職者にアンケートを取っているので

実績のある会社であれば

実際のお給料事情や環境、人間関係などに関してもリサーチしてくれているからです。

また、面接の傾向なども教えてくれるので

面接が苦手な私でも対策を立てることが出来ました。

また、自分が転職した際にも

聞き取り調査を行われ

どんな面接で何回あって

どんな受け答えをしてという感じでお話しました。

この積み重ねがある会社ほど人気があり

仕事の出来るエージェントさんが多い会社にもなります。

むしろ、マニュアルがしっかりしている分

新人さんでもいきなりやり手の販売員のごとく見えます笑

少し長文になってしまいましたが

転職って本当はしたくないですよね

お給料も下がりますし

人間関係の構築は一からですし

未経験な仕事であれば一から業務などを覚え直さないといけない。

でもね。

仕事ってどこの会社に行こうとも

必要なスキルって似ていることがほとんどなんですよ。

もちろん、何かを作ったり

料理を提供したりするサービス業だあれば

話は違いますが

オフィスワークや営業マン、ITに関しても

基本的な部分を抑えておくだけで

入社した後も

あ、この人仕事できそう♪と思わせる事はできます。

本当に基本的な部分ですが

報連相と整理整頓

この二つが出来ていれば

大抵の仕事は苦労することはあっても

仕事が出来ないと言われる事は少ないと思います。

むしろ、逆に今の仕事で転職しようと思っている方も

今一度、上記の二つが

自分は完璧に出来ているだろうか?という事を自問自答していただき

もし、それが原因で周囲から反感を買っているのであれば

転職は踏み止まったいただき

自分のスキルを磨く事に汗水流してみましょう。

その後に転職でも遅くはありませんので

焦って転職してドツボにはまることのないように注意しで下さい。

正直、私は色々な所で仕事もしてきましたし

職種も変えているので

色々な会社はもちろん職業も経験し見てきました。

面白いなーと思えるところもあれば

業界全体がやばい所もありました。

でも、どこに行っても

そこそこに頼られる人間であったと思っていますし

そういった部分が強みであると考えてもいます。

みなさんももし転職しようという時には

今一度、なぜ転職したいのか?

何がいけなかったのか?

改善出来るのか?修復出来ないのか?

などなど現状の問題点などを確認し

次は失敗しないぞ!という意気込みで転職して下さい。

大小たくさんの会社が存在する昨今

会社に馴染むのが大切なのか?

自分のスキルを磨く為に働くのか?

はたまた自分のお店や会社を立ち上げる為に働くのか?

その人それぞれの人生がありますが

どこを目指す為にどの会社に属すのか?

一度自身の目的目標を認識し直し

転職が本当に必要か?

転職するならどんな会社か?

などなどしっかりと定め

歩き始めて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする